カードローンの選び方

カードローンの選び方.jp



1

1

1

1


xn--u9jk0oqethkbydc6262jsl0d.jp
カードローンの選び方.jp
XMLサイトマップ

現在、巷では「カードローン」や「フリーローン」という言葉が踊っています。
カードローンというとクレジットカード(キャッシング枠)を思い出しますが、それよりも少し内容が違います。カードローンはローン専用のカードで限度額も300万円〜最高800万円くらいのゆとりがあります。
キャッシング枠と異なり、高額融資も可能、クレジットカードのキャッシング枠は金利15%〜18%ですが、カードローンの金利は3.0%〜と圧倒的に低金利です。

人気のカードローンを比較解説 ⇒
借入れについて考える
バブルの時代を経験した人はあの時代、借金をしてでもお金を使うことが結局はお金儲けの早道ということで湯水のようにお金を使っていました。自分自身はお金を持っていなくても貸してくれるところがたくさんあったのです。今よりも審査基準は甘く、定職についていない人でもお金を簡単に借りることのできる時代だったのです。

その後バブルの崩壊でお金を転がしていた人は痛い目を見ることになります。そして、借金は悪であるという風潮が広がっていったのです。とはいっても借金をしなくてはどうにもならないことはよくあることです。その最たる例は住宅ローンでしょう。借金をしなくても家を買うことができる人はごく少数の限られた人です。ほとんどの人は借りなくては家を購入することはできません。極端な例になってしまいましたが、車の購入でもローンにする人は多いのです。それはお金がなくても足が必要な人は地方には多いということです。ですからその時にお金がなくても必要なモノは借金をしてでも手に入れておかなければならないことはたくさんあるのです。そのようなことから現在は悪名の高かった消費者金融ローンは淘汰されて、銀行を中心としたカードローンがどんどん増えてきています。カードローンは銀行が中心に発行枚数を増やしています。銀行から無担保で最高800万円も借りれるところもあり、借金のイメージをいい意味で壊してくれた功績は大きいです。

現在は、オリックスVIPローンカード、オリックス銀行のカードローン、アイフル、アコム、モビット、プロミス、新生銀行カードローンのレイクなどが発行枚数を増やしています。カードローンが人気の秘密はクレジットのキャッシング枠より金利が低いだけではなく年会費無料、コンビニATMで自由に借入れ、返済が可能という点。


ここではカードローンの選び方を中心にして、さまざまな情報を平易で分かりやすく解説していきます。
借金はしないに越したことはないのですが、忌み嫌うのではなく実際に自分が借金をしなくてはならない場合を想定して見てもらえたら、さらにカードローンへの認識が広がると思います。
ローン専門家の視点で比較、ご参考にどうぞ ⇒


Copyright (C) カードローンの選び方.jp All rights reserved カードローンおすすめプライバシーポリシー、利用規約運営企業